vio脱毛など、お肌に関する悩みを解決するサイトです!

ムダ毛・美肌ケアLABO

女性のムダ毛処理の場所はどこがベスト!? 3大部位の安全な処理方法を徹底解説 !!

2019年05月14日 13時15分

女性のムダ毛処理の場所はどこがベスト!? 


「ケアしているうちにかゆみやヒリヒリがでてきた...どうしたんだろ?」

「ムダ毛処理の場所ってどこでするのが安全なの?」

そんな悩みをお持ちの女性もいらっしゃるかとおもいます。

今回は、デリケートな部分のムダ毛を安全に処理する方法を検証してゆきます。
 

目次

 

ムダ毛処理の場所を​お風呂にするリスクとは?



あるアンケートによると、9割以上の女性がムダ毛処理の場所はお風呂と回答しています。

お風呂でのケアはサッと流せ、ボディソープも使えたりするのでケアの場所としてとても便利ですよね。

 実はお風呂は雑菌の温床。女性のムダ毛処理にはとても危険な場所です。

「新しいお湯なら大丈夫なんじゃないの?」という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、カミソリなどでシェービングした肌は免疫機能が落ちているので炎症をおこしやすい場所なのです。

たとえ入浴前の処理でもお湯に触れる以上危険はありますので入浴前、入浴中は避けるべきでしょう。


 

恐ろしい毛嚢炎


菌の多い場所でムダ毛のケアを続けると、赤いブツブツが出ることがあります。

「毛嚢炎」という細菌感染症のひとつです。

お風呂のブドウ球菌やカビが原因となる症状で、放置すると強い痛みやかゆみを引き起こします。

悪化すると病院での受診が必要になる恐ろしい感染症です。

ムダ毛処理は、肌が柔らかくなった入浴後15分くらいに部屋でするのがベストです
 

ムダ毛処理の頻度はどのくらいがベスト?


ムダ毛はどのくらいの頻度で処理するのがいいのでしょうか?

毎日、という方もいれば一週間に一度くらいという方もいることでしょう。

ムダ毛が生えるスピードというのは個人差があります。

ただし、毎日カミソリをあてたりするのは肌の負担になりますので注意しましょう。

夏の方がムダ毛が伸びるのが早いようです。

それでも、一回処理したら数日は間をあけるようなペースが大切です。

 

正しいムダ毛処理を場所別に検証

 

vラインのムダ毛処理のポイント




vラインはiラインやoラインに比べて女性が自分で処理しやすい場所です。

vラインの処理には広範囲を処理できるカミソリなどが適しています。

シェービングクリーム肌を保護したあと、毛の流れにそって処理します。

処理のあと、冷たいタオルなどで処理部を冷まします。

最後に保湿してシェービングによる肌への負担を軽減しましょう。

vラインに除毛クリームの使用はおすすめできません。

薬剤による湿疹、かぶれの恐れがあり、女性のデリケートな場所には刺激が強すぎるためです。


 

iラインのムダ毛処理のポイント



iラインは陰部に近く、より慎重にケアする必要があります

おすすめは、刃に直接触れないガードがついた電気シェーバーです。

その他
 

・ハサミ
・肌を保湿できるオイル類
・鏡



なども用意しておくと便利です。
 
処理する場所を清潔にする

陰部の脇あたり、iラインと呼ばれる場所は特にデリケートです。

入浴、もしくはベビー用のウエットティッシュなどで洗浄してから処理しましょう。

アルコールがはいっているウエットティッシュは刺激が強いのでNGです。
 
処理の事前準備も大切

面積の小さな水着などを着用する予定で処理する場合、あらかじめ着用してどの部分まで処理するか確認します。

太めの水性ペン
があると目印をつけるのに便利ですよ!

処理する毛が長いと剃りづらいので、あらかじめ毛を3mm~5mm程度にカットすると便利です。


 
蒸しタオルで肌をやわらかくする

皮膚や毛は、温めると柔らかくなる「ケラチン」というタンパク質でできています。

蒸しタオルで肌を5分ほど温めると、シェービング時の肌の負担を抑えることができます。
 
iライン処理の体勢

鏡に向かい脚を開く、またはIラインをのぞきこむ感じで処理します。

慣れるまでは鏡を見るだけではうまく処理できないと思いますので、直接覗き込んでするのがおすすめです。

シェーバーを滑らせた後などは、肌がダメージを受けやすい状態になっています

女性のiラインはとても繊細な場所。

処理が終わったら、肌にやさしい保湿クリームなどでケアするようにしましょう。
 
処理が終わったら保湿する

ムダ毛処理の後、定期的に保湿し続けることで黒ずみや肌のトラブルを防ぐことにもつながります。


 

oラインのムダ毛処理のポイント




oラインは肛門付近のムダ毛になります。

場所的に自分でムダ毛処理するのがとても難しい場所
になります。

基本的には脱毛クリニック、エステでの処理がおすすめです。

oラインの処理では、怪我に十分気をつけなくてはいけません。

oラインに使用するのは電気シェーバーが安全
です。
 
oライン処理の姿勢

女性のoライン処理の基本姿勢としては、次の3つになります。

 

1 仰向け、鏡に向かって開脚、お尻を手で広げる

2 鏡をお尻の後ろにおき、横向きに寝てお尻をひろげる

3 鏡にまたがってしゃがみこむ

 

自分の快適な方法がみつかるまでいろいろ試してみるといいでしょう。

処理する部分を清潔にする

oラインもiライン同様デリケートな場所です。

入浴、もしくはベビー用のウエットティッシュなどで洗浄してから処理しましょう。

アルコールがはいっているウエットティッシュは刺激が強いのでNG。

 
処理の事前準備も大切

処理する毛が長いと剃りづらいので、あらかじめ毛を3mm~5mm程度にカットすると便利です。
 
蒸しタオルで肌をやわらかくする

皮膚や毛は、温めると柔らかくなる「ケラチン」というタンパク質でできています。

蒸しタオルで肌を5分ほど温めると、シェービング時の肌の負担を抑えることができます。
 
処理が終わったら保湿する

ムダ毛処理の後、定期的に保湿し続けることで黒ずみや肌のトラブルを防ぐことにもつながります。

まとめ


ここまで、女性がvioラインを自分で処理する際の注意点をみてきました。いかがだったでしょうか?

vioラインの処理って自分でするのがなかなか大変な場所だと思います。

この記事でみてきた内容をふまえて処理すれば安全にすっきり処理できるでしょう。

ただ、どうしても衛生面で感染症などに弱い場所であります。

安全確実にvioラインをすっきりさせたい場合は医療vio脱毛がおすすめです。


こちらの記事では、 女性の医療脱毛の効果、クリニックの選び方について詳しく解説しています。


ぜひ併せてご覧になっていただければと思います。